ゲームせどりのメリット・デメリット

せどりで扱う商品はさまざまありますが、その中の一つがゲームです。ゲームせどりにはメリットとデメリットがあります。メリットとデメリットを知って、上手にせどりをしてみましょう。

●ゲームせどりのメリット
・送料を抑えられる
宅配便の値上げや増税により、宅配料金が高くなってきました。サイズが大きなものほど送料が高いです。送料のコストばかりかかってしまうと、収益が少なくなってしまいます。
家電製品は大きなものが多いので、送料が高くなりがちです。しかし、ゲームなら手のひらサイズのものもあり、小さいので送料を抑えることができます。たとえば、DSのゲームで箱なしだと縦横で5cmほどしかありません。このように小さなものなら送料のコストを削減でき、その分収益を上げられます。

・保管場所に困らない
小さいということは、保管場所に困らないというメリットになります。箱入りのゲームソフトでも厚さは1cmほどなので、重ねておいても邪魔になるほどではありません。
これが家電製品の場合だと1つの製品だけで1人が座るスペース分以上をとってしまうことがあり、置き場所に困ります。置き場所がないと貸倉庫を利用する必要がでてくるかもしれません。そうすると、コストがかかります。
しかし、小さくて置き場所にスペースを取らないゲームなら、このようなコストも削減できます。

・種類が少ない
本の場合はほぼ毎日のように出版されていて、相当な数の本があります。
それに対して、ゲームの場合はもっと数が少ないです。ゲームが登場してから現在までに販売された数を考えると相当な数になりますが、古いゲームはハードウエアがなくて現在プレーできないものもあり、実際に遊ばれているものとなると本よりもずっと少なくなります。
数が少ないということは、売れやすい商品をさがしやすいということです。

●ゲームせどりのデメリット
・検品が必要
オークションで購入をした場合は検品が必要です。実際に使えるか試すために、ハードウエアが必要になります。
もしも使えないようなら損をすることになります。
ブックオフやゲオなどの中古品を扱うお店なら、検品されているものが販売されているので安心できます。

・商品によっては高単価
人気のゲーム、ゲーム機本体、希少品などは仕入れ価格が高い傾向があります。売れればよいですが、売れなかった場合は大きな損をすることになります。
失敗したときの損を減らすために、○○円以上の商品は買わないなど決めておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です